芝浦工業会とは

東京工業大学附属科学技術高等学校およびその前身学校の同窓会です。


<目次>
ホームページに戻る



このページのトップに戻る

<会則>
2016.11.5:平成28年度総会にて、下記のとおり会則が改定されました。

芝浦工業会会則


第1章 総則

(名称)
第1条 当会の名称を芝浦工業会とする。

(目的)
第2条 当会は、会員相互の親睦をはかり、母校の発展と科学技術及び工業の進歩発達に寄与することを目的とする。

(所在地)
第3条 当会は、事務所を東京都港区芝浦3丁目3番6号の東京工業大学附属科学技術高等学校内に置く。

(定義)
第4条 本会則の用語の定義は次のとおりとする。
一、決議:総会出席者の過半数の承認を要することをいう。
二、選任:総会出席者の多数決等により選出し、その任に就かせることをいう。
三、クラス:最終学年の各学科またはコースをいう。

第2章 事業

(事業の内容)
第5条 当会は、その目的を達成するために、次の事業を行う。
一、会報、会員名簿の発行及び頒布、並びにその他の広報活動
二、母校に対する援助及び功労者の表彰
三、各種会合の開催
四、その他当会の目的達成に必要な事項

第3章 会員、役員及び幹事

(会員)
第6条 当会は、次の会員をもって組織する。
一、正会員 東京工業大学附属科学技術高等学校卒業生及びその前身学校卒業生。前身学校名については附属資料1に示す。
二、特別会員 東京工業大学学長、同理事・副学長、同各学部長、同各大学院研究科長、東京工業大学附属科学技術高等学校現職員及び旧職員、並びにその前身学校の旧職員。ただし、正会員を除く。
三、準会員 東京工業大学附属科学技術高等学校在校生

(役員及び幹事等)
第7条 当会に次の役員をおく。役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
一、会 長 1名。当会を代表し会務を総理する。
二、副会長 若干名。会長を補佐する。
三、監査役 2名。当会の会計を監査する。
四、顧 問 若干名。当会の運営を助言する。
2. 当会に幹事をおく。幹事は原則として、各クラスより1名ずつ以上を選出する。幹事の任期は2年とし、再任を妨げない。
3. 第1項第一号から第三号の役員に事故あるときは代行をおくことができる。
4. 当会に名誉会長をおくことができる。

第4章 総会、幹事会及び委員会

(総会、幹事会及び委員会の役割)
第8条 当会の総会、幹事会及び幹事会の役割は、次のとおりとする。
一、総 会 総会は当会の最高の決議機関で、当会の事業の方向を決定し、会員に対して事業の状況を明確にする組織である。
二、幹事会 幹事会は総会に次ぐ当会の決議機関で、当会運営の中心的役割を果たす組織である。
三、委員会 幹事会に、委員会をおき、当会事業を企画・運営し、当会事業や業務を円滑に推進する。

第9条 総会は次の事項について審議し、決議する。
一、会則の改正
二、役員の選任
三、活動報告及び活動計画
四、会計予算・決算報告及び承認
五、会計監査報告及び承認
六、個人情報の利用目的の変更(ただし、軽微な変更を除く)
七、その他総会決議が必要と幹事会が認めた事項
2. 第7条第3項の代行者は幹事会の承認をもって行うことができる。ただし、任期は次の総会までとする。

(総会、幹事会及び委員会の運営)
第10条 総会、幹事会及び委員会の運営は「組織規程」による。

第5章 会 計

(収入)
第11条 当会の通常経費は、会費、寄付金、預金利子、その他の収入をもって支弁する。

(入会金)
第12条 当会に入会するときは、入会金700円を納付する。ただし、特別会員および準会員を除く。

(会費)
第13条 正会員は、会費として毎年度2000円を納入する。
2. 年会費の対象期間は、第14条の会計年度と同じとする。
3. 幹事会は会費免除者を定めることができる。

(会計年度)
第14条 当会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第6章 規則の体系

(規則の体系)
第15条 当会の規則体系は、会則を頂点とし、これに規程、細則を加えた3階層とする。各規則の定義は別表による。

第7章 附則

(会則改正の施行日)
第16条 本会則改正の施行日は、総会での承認日とする。

(別表)

規則の体系と定義

規則名 定義 備考
会則 当会の目的、方向及び重要な事項を定めた規則である。 当会の憲法ともいうべきもので、当会規則の最上位に位置する。
規程 会則に基づき、当会の組織を運営するための仕組み等の基本的事項を定めた規則である。 「個人情報保護方針」等の特定方針は規程の1つとして位置づけるが、当会規則の中では中間位に位置する。当会規則の中核的役割を持つ。
細則 規程の内容をさらに細部について定めた規則である。 当会規則の中では最下位に位置する。具体的手順等を規定している。
注、別表や附属資料等も規則に含む。

(関連規程)
1.組織規程
2.規則規程

(改正の記録)
改正 改正の施行日
1 平成4年(1992年)11月14日
2 平成11年(1999年)4月1日
3 平成14年(2002年)10月26日
4 平成18年(2006年)11月11日
5 平成22年(2010年)11月13日
6 平成26年(2014年)11月8日
7 平成28年(2016年)11月5日

附属資料1 東京工業大学附属科学技術高等学校の沿革表

東京商業学校(一橋大学前身)
附設商工徒弟講習所に
職工科として創立
   
                       │  明治19年1月21日
   
東京職工学校に移管
附属職工徒弟講習所と改称
   
  │  明治23年1月
   
附属職工徒弟学校と改称    
  │  明治23年8月
   
東京高等工芸学校に移管
附属工芸実修学校と改称
   
  │  大正13年4月1日
   
 

東京高等工芸学校
(千葉大学工学部前身)に
電気通信専修科として創立
 

  │  昭和18年10月

東京工業専門学校(改称)
附属工業専修学校と改称
東京工業専門学校(改称)
附属電波技術専修学校と改称
  │  昭和19年4月1日
  │  昭和19年4月1日
  附属電波工業学校と改称
 
  │  昭和20年4月1日
千葉大学東京工業専門学校
附属工芸高等学校となる
千葉大学東京工業専門学校
附属電波工芸高等学校となる
  │  昭和24年5月31日
  │  昭和24年5月31日
  └─────────┬ ─────────
両附属は、東京工業大学へ移管
合体して東京工業大学附属工業高等学校と改称

 昭和26年4月1日
 
 
東京工業大学理工学部附属工業高等学校と改称

 昭和36年4月1日
 
 
東京工業大学工学部附属工業高等学校と改称

 昭和42年6月1日
 
 
東京工業大学附属科学技術高等学校と改称

 平成17年4月1日
 
 

附属資料2 会則改正7の改正内容と理由

NO条項(変更後)区分改正内容理由
1第7条変更条文タイトルに「等」を追記名誉会長職設置を本条に記載するため。
2第7条第3項変更「置く」を平仮名に変更表現の適正化。
3第7条第4項追加名誉会長職の追記名誉会長職を設置できることを記載。
4第13条第2項変更「第12条」を「第14条」に変更誤記訂正


このページのトップに戻る


<組織>



会長 ── 副会長 ── 幹事会(代表幹事会) ─










┬──────





└ 事務局

┌ 総務委員会

├ 財務委員会

├ データ管理委員会

└ 広報委員会





このページのトップに戻る



<役員人事>

平成29年2月18日現在

名誉会長   金子 聰 (昭和34年工業化学科卒)
会 長   玉真 正美 (昭和38年電子科卒)
副 会 長   宇口 俊雄 (昭和41年工業化学科卒)
副 会 長 (総務委員長) 伊藤 博 (昭和42年機械科卒)
副 会 長 (広報委員長) 小林 恒男 (昭和42年建築科卒)
副 会 長 (データ管理委員長) 卜部 宣行 (昭和63年電気科卒)
監 査 役   福田 又造 (昭和30年電子科卒)
監査役代行   塚本 修平 (昭和30年電気科卒)


このページのトップに戻る



<規則体系>

平成29年2月18日現在

会則 規程 細則 手順書等 制改訂日
会則
H28.11.5改正
組織規程
H29.2.18改訂
役員選任細則
H28.2.20制定
個人情報管理規程
H22.2.20制定
個人情報管理規程運用細則
H22.8.28制定
個人情報安全管理細則
H22.5.29制定
個人データ取扱管理細則
H22.10.1制定
個人データ作業手順書
H21.2.28制定
個人データ作業場所管理要領書
H23.11.26制定
活動費支払会計マニュアル
H27.2.28制定
規則規程
H22.2.20制定
──
コンピュータ管理細則
H23.2.19制定
会計監査規程
H28.2.20制定


このページのトップに戻る

ホームページに戻る