ご協力ありがとうございました

財務担当 杉田 啓次

芝浦工業会では、財政の慢性的赤字解消のために会を挙げて「財政安定化策」に取り組んでいます。 具体的に は先の会報46号でこの問題に対する会長方針、及び財務委員会からのホームページも加えた実情説明で会員の 皆様にご説明、お願いした通りで有ります。しかしその後も新型コロナウイルス感染の勢いは衰えず会の活動 に多くの影響をもたらしております。 特に財務関連では「会報」秋号の未発行による会費納入の機会損失(払 込票未発送)、各行事の中止・延期による啓蒙不足、各委員会の活動制約による課題対応不足・・・・。

この様な厳しい条件の中で2020年度の決算はかなりの悪化が見込まれましたが、多くの行事の中止による支 出減の影響と、収入は会員の皆様のご協力で大きく減収にならず会計収支は限定的現象でしょうがほぼバラン スがとれた結果になりました。 今後の事は不確定要因が多く予断は許されませんが取りあえず先年度の芝浦工 業会よりのお願いに対する会員の皆様の多大のご協力にあつく御礼いたします。

協力お願いした3項目の結果概要は

1.会費収入:厳しい条件のもと予算に対し95%の達成率でした。世代別納入者は70歳代が多いほか全世代平 均的に維持されています。また現役世代からの納入忘れ・遅れに対する処理方法の問い合わせ等がホームペー ジに寄せられました。

2.寄付金:会費と同じ厳しい条件にもかかわらず昨年とほぼ同額の50万円強になりました。年代別には昭和 10年代卒業の大先輩から教職員OBの皆様まで80歳代を中心に幅広い世代の皆様に協力頂きました。

3.転居届:会報発送時に会員の住所不明で返却される経費ロスを防ぐために、転居の際の迅速な連絡を昨年9 月にお願いしたところ、ホームページからの連絡がそれ以前の6カ月間比で約5倍と著しく増加しました。

今後新型コロナウイル問題がどう影響するか分りませんが、芝浦工業会は2024年3月に「収支バランスの正常 化」を目指すと共に、会の永続的な発展の為に足元を着実に固める体質改善を進めて行きます。 今年度も「財 政安定化」の為に会員の皆様の更なるご協力をお願い致します。そして新型コロナウイルスの感染にくれぐれ もご注意を!!